若年性アルツハイマーの症状

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーの症状

若年性アルツハイマー

 

若年性アルツハイマーは年配の方の痴呆症と一緒で、初期症状としては、例えば以前はちゃんと管理できていた財布などがどこにあるかわからないとか、

 

疲れてるのかなと感じるくらいのところから始まることも多いようです。

 

このもの忘れのような症状が悪化すると最終的には自分が一体どこにいるのかわからなくなってしまったり、また感情表現に乏しくなってしまったりと、発症の初期の段階では若年性アルツハイマーは本人でも気づかない人も多いようです。

 

若年性アルツハイマーが起こりやすい年齢層は40〜60代などで、男性であれば働き盛りの年頃であることも多いので、若年性アルツハイマーを発症してしまった場合

 

問題解決能力や、空間認識能力、注意能力が欠けてくるので生活自体に支障が出てくるので、

 

家族はどのように若年性アルツハイマーをケアしていくのか、またどのように生活していくのかといった経済面と精神面、二つの側面で大きな負担がかかってしまいます。

 

また若年性アルツハイマーの症状が進行し、悪化していくと、被害妄想や幻覚が見えたりする事もあり、性格が狂暴化してしまいもともとおだやかな人であっても暴言を吐いたり、暴力に走る場合もあり、家族の負担は計り知れなくなる場合も報告されています。

 

この段階までいっていまった場合は日常的な医療機関との協力がないと家族の精神面にも大変悪影響です。

 

さらに高度になってくると一人で着替えをしたり、ご飯も食べられなくなり、次第に意志疎通なども困難から不可能になり、寝たきり状態になるという重篤な若年性アルツハイマーも多いようです。

スポンサードリンク

更新履歴