若年性アルツハイマーとは

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーとは

若年性アルツハイマーとは、人格の変化をともなった認知障害です。

 

若者の会話で、ちょっと忘れっぽい人を見てはアルツ、なんであだ名をつけてふざけているのを聞いたことがありますが、意外と知られていませんが、若年性アルツハイマーが発症する年齢は40歳から65歳くらいの場合がほとんどで、30代以下で発症してしまうケースはどちらかというとまれです。

 

初期症状が、疲労やうつに酷似しているために進行していって初めて、もしかして…と気づく人も多いそうです。

 

しかし若年性アルツハイマーとうつとの最大の違いは、うつは何らか明らかなストレス、例えば職場が厳しいですとか、最愛の家族が亡くなった、もしくは仕事が休みがなくて疲労のピークに達したなど、きっかけがあって発症することがほとんどなのですが、若年性アルツハイマーの症状はこういったきっかけとは関係なく突然襲い掛かってきます。

 

今まで頻繁に接していた人達の名前が思い出せなくなったり、最近の出来事が思い出せなかったり、前はガマンできた事ができなくなり、怒鳴りたい衝動にかられたり、実際に暴言などを吐いてしまう人もいます。自分の行動、ふるまいが以前と明らかになにかが変わります。

 

若年性アルツハイマーは老人の痴呆症と違い進行スピードが早いのが特徴です。

 

現在、若年性アルツハイマーの具体的な発症原因や治療方法はいまだきちんと確立されているわけではありませんが、がんと一緒で初期段階で治療すれば進行を収めることもできます。

スポンサードリンク