若年性アルツハイマーの診断

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーの診断

若年性アルツハイマーを診断する方法は何通りかあります。

 

ですが一般的に実施する例で、手始めのすることが多いのは、まず口頭での知能テストです。

 

検査に来た方に質問する内容としては、現在の年齢やその日の日付けと曜日、今どこにいるのかを答えてもらったり、また6つくらいの単語を伝えて、時間を置いてどのくらい覚えていられるかを見たり、数字に関する質問、いくつかの物をみせて覚えてもらい、時間を置いて何があったか言ってもらう…など割と難易度が低いテストです。

 

それゆえに今まで社会的ステータスが高い方や、プライドが高い方の場合は馬鹿にされている、と激昂してしまう場合もあるので、プライドに傷をつけることがないよう細心の注意をしてこのテストは実施されます。

 

後は、ウェクスラー記憶検査といって、若年性アルツハイマーの特徴の、新しくて重要なことを覚える能力があるのか、ない場合は今どのくらいのレベルまで痴呆が進行しているのかを測る方法もあります。

 

また問題があると診断された場合に、MR検査をし、脳が委縮しているかどうか見つけます。

 

若年性アルツハイマーの患者の場合、健常者と比較すると明らかに脳が委縮しているからです。

 

そのほかの方法としては、PET検査といって脳のなかでどのようにエネルギー代謝が行われ、ブドウ糖が移動するか観察し、体のどの機能が正常に機能しているのか、もしくは機能してないかで判断するという新しい手法などもあります。

スポンサードリンク