若年性アルツハイマーになる原因

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーになる原因

若年性アルツハイマーがなぜ起こるのかという明確な原因は現段階の科学では100%解明されていません。

 

ただ確率論として、血縁関係に若年性アルツハイマーの患者がいる場合には遺伝の問題で、受け継がれてしまう場合も多いようです。

 

また糖尿病患者である場合も危険因子が増加するというデータや、生活習慣としては、魚や野菜をほとんど食べない人の方が食べる人より若年性アルツハイマーになりやすいとか、運動や読書、またトランプや将棋など、知的なゲームをまったくしない人も若年性アルツハイマーになりやすいと言われている。

 

つまり平たくいうと、身内でアルツハイマーの人がいて、趣味もなにもなく家に引きこもっていて人とのかかわりもない上、肉食がメインという人は若年性アルツハイマーにかかる可能性が高くなるようです。

 

一般的には世界的に遺伝的な要素が高いと考えられているが、若年性アルツハイマーは原因が未知の部分も大きいため、現在も研究がおこなわれているが、一節としては感染症が原因の一種と考える研究者もいれば、アルミニウムが含まれる水を飲んでしまった地域に発症患者数が多いとの報告の例あったり、インスリンや特定の脳に蓄積したタンパク質が原因と考える研究者などもいるようです。

 

これらは仮説にすぎないが、他にも色々な説を唱える科学者が世界中に多数います。

 

原因がはっきりとわかれば今よりも高度な治療が可能になるので、一刻も早く若年性アルツハイマーはの全貌を解明して欲しいところです。

スポンサードリンク