若年性アルツハイマーは予防できる?

若年性アルツハイマーは予防できる?

若年性アルツハイマー病、かかってしまうと症状がどんどん進行してしまうため早く発見することがとても重要であるとされています。

 

若年性アルツハイマーを予防する方法はあるのでしょうか。

 

若年性アルツハイマーの予防には生活習慣も大きく関係しています。

 

運動や食生活は予防するのに重要とされていて、食事ではやはりバランスよく特に、青背のお魚を積極的に食べるようにするのが良いとされています。(サンマやいわしなどです)

 

運動は、激しいものではなく軽い有酸素運動で、毎日気軽に続けられるものを行うのが良いとされています。

 

睡眠時間もとても重要です。特に昼寝をするのが良いとされているようです。

 

脳に刺激を与えるような活動も、若年性アルツハイマーの予防になります。例えば、音楽を聴いたり、本を読んだり、生け花や折り紙なども有効です。カラオケなども良いとされています。

 

さらに、幅広く人間関係を作ることも大切であるといわれており、人との付き合いが多い人は若年性アルツハイマーにかかりにくいといわれています。

 

最近は、ネットでのつながりというものがありますが、やはり生身の人間同士のつながりはとても大切です。

 

早期に会社を退職してしまった人などは、できるだけ外に出る機会を増やすようにしましょう。

 

専業主婦の人も、近所づきあい以外にも、外に出てたくさんの人と接するようにしましょう。

 

趣味を持つことも予防につながります。自分の好きなこと、興味のあることは続けましょう。

 

料理が好きなら毎日色々なメニューを考えて料理したりするのも良いですし、ピアノを弾くのが好きであれば、毎日ピアノを弾くのも良いでしょう。脳を動かすことが大切です。