自覚症状について

自覚症状について

若年性アルツハイマーかどうかは分からないけれど、少し不安なことがある。

 

お医者様に相談したいけれど今すぐに行けない・・という人、また家族や身内に若年性アルツハイマー病のような症状がみられるが、大丈夫なのか心配・・という人のために、症状をチェックするシートがあるのでご紹介したいと思います。

 

インターネットで検索すればダウンロードできますが、どのような内容をチェックするのか少しご紹介します。

 

・頭が痛くなることが多い。
・時々めまいがする。
・テレビを見ていて、芸能人の名前が思い出せないことが増えた
・いつも行く場所なのに、ふとどのように行くのか分からなくなってしまうことがある
・大切な約束を忘れてしまっていることが増えた
・日付を間違えてしまったり、曜日が分からなくなる時がある
・料理をする時に、調味料を間違えてしまうことが増えた
・怒りっぽくなってきた

 

これはごく一部ですが、このような自覚症状があるようであれば、若年性アルツハイマーの可能性も高いとされています。

 

専門の医療機関を受診されることをおすすめします。

 

近年は、若年性アルツハイマーが増えているため、医療機関でも専門医が診察している
という病院が増えてきました。

 

検査は脳の萎縮を調べたり、その他口頭での質問に答えたり、簡単な計算などテストを実施して総合的に診断されます。

 

怖いと思う気持ちも分かりますが、早期発見が大切であることは先程も述べたとおりですので自覚症状があれば、病院に行きましょう。