若年性アルツハイマーと遺伝の関係

スポンサードリンク

若年性アルツハイマーと遺伝の関係

若年性アルツハイマーは、生活習慣などにより引き起こされるリスクが高くなるといわれていますが、実は遺伝によるものもあるとされています。

 

家族の中に若年性アルツハイマーにかかった人がいる場合、発症率が高くなるという結果が出ているようです。

 

遺伝子の状態で若年性アルツハイマーが遺伝によるものかどうかが分かるとされています。

 

しかし、その遺伝子を持っているからといって、必ず若年性アルツハイマーになるのかというと、そうでもないようなので、100%遺伝が原因とはなかなか言い切れません。

 

他にも、事故などで脳に障害が残ったことが原因となりアルツハイマー病になってしまったり薬物によってアルツハイマー病が引き起こされたりということもあります。

 

若年性アルツハイマーが遺伝によるものである場合、家族性アルツハイマーとも呼ばれているようです。

 

記憶する能力が低下するのが初期症状、進行していくうちに、幻覚・幻聴という症状が発生し攻撃的になったり、突然暴れだすこともあります。

 

最終的には寝たきりの生活を送ることになると言われています。

 

治療に効果的とされているお薬は、脳の機能が低下してしまうのを防ぐお薬です。

 

研究によって効果があることが認められていますから、早く診断を受ければ原因が何であっても治療をすることができます。

 

家族も治療に関わっていかなければいけないため、精神的にも肉体的にも非常に大変なことです。

 

家族全員で病気に立ち向かっていかなければなりません。

 

一番つらいのは本人であるということを理解して、医師とともに支えてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク